フェムテックとは|女性のココロとからだにやさしく

フェムテック

フェムテック(FemTech)とは、Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語で、女性の健康管理とケアに特化したテクノロジーのことを指します。また、フェムテックと似た言葉としてフェムケアがあります。本記事では、フェムテックとの違い、フェムテックが注目されている社会的背景や、女性の健康問題をどのように解決するのか、フェムテックの具体的な製品やサービス、その影響力に触れながら詳しく解説します。フェムテックが女性のココロとからだにやさしく寄り添い、私たちの生活をどのように変えるのか、一緒に見ていきましょう。

フェムテック(FemTech)とは?

フェムテック(FemTech)とは?

フェムテックとは、女性特有の健康課題、「生理(月経)」「妊活・妊よう性」「妊娠期・産後」「プレ更年期・更年期〜」などをテクノロジーでサポートする製品やサービスを指します。これには、月経周期管理アプリ、妊娠・出産関連のデジタルヘルスケア、更年期障害の管理、乳がん検診のデジタル化などが含まれます。フェムテックは、これまでタブー視されがちだった女性の体験やニーズに焦点を当て、科学的な知識と最新のテクノロジーを活用して解決策を提供する新たな分野として注目されています。従来の医療やヘルスケアが見落としてきた女性特有の健康課題に焦点を当て、課題解決を目指しています。

フェムケアとの違い

フェムケアとは、女性の身体的、精神的な健康に関連する一般的なケアを指し、衛生用品やスキンケア製品、ホルモン療法などが含まれます。
フェムテックとフェムケアの主な違いは、テクノロジーの利用の有無にあります。フェムテックは、デジタル技術を用いて女性の健康を改善しようとする一方、フェムケアは伝統的なケア法や製品を提供することを主に目指します。しかし、これら二つは重なる部分もあり、例えば、フェムケア製品のデジタル化により、フェムテックの範疇に入ることもあります。
フェムテックは女性の健康問題をより深く理解し、解決するための新たな道筋を示しています。また、フェムケアとの相互作用により、女性の健康ケア全体が進化し、よりパーソナライズされ、効率的になることが期待されています。これらの違いと共通点を理解することで、フェムテックがどのように女性の健康ケアに貢献しているかをより深く理解することができるでしょう。

フェムテックが注目されている背景

フェムテックが注目されている背景として3つ挙げられます。

(1)女性の活躍推進を後押しする日本の社会的背景とニーズの高まり

日本においても女性の社会進出を目指す中、女性特有の健康問題に対する理解と対応が求められています。フェムテックは、女性のライフサイクル全体にわたる健康問題をサポートするためのツールとして、大きな期待を集めており、女性の健康やウェルネスのニーズに対する意識も高まっています。これは女性が働き続けるため、また、より充実した生活を送るために、女性の健康に対する関心が高まっていることを反映しています。さらに、女性自身が自分の体や健康について学び、自分の体を理解し、自分自身で健康管理を行うことへのニーズも高まっています。スマートフォンやウェアラブルデバイス(手首や腕、頭などに装着するコンピューターデバイス)の普及により、自宅で簡単に健康状態を把握したり、症状を管理したりすることが可能になり、女性は自身の体調管理や健康管理を、より深く、より正確に行うことができるようになりました。

(2)テクノロジーの発展によるサービスの需要増加

近年、AIやビッグデータの発展により、パーソナライズされた健康管理が可能になってきました。特に、女性特有の健康課題に対する個別の対応が求められており、フェムテックはそのニーズを満たすための最適な解決策となっています。女性特有の健康課題とは、月経や更年期障害、妊娠・出産、乳がんなどのリスクを含みます。これらの課題は女性の生活の質や働き方、さらには人生全体に影響を与える可能性があります。課題に対応するため、近年のテクノロジーの発展とともに、問題認識が高まり、女性の健康ケアに特化した製品やサービスの需要が増えてきました。

(3)フェムテック市場に対する投資の増加

フェムテック市場は急速に拡大しており、多くのベンチャー企業が投資を行っています。フェムテックの投資は、デジタルヘルス全体の投資の中でも急速に増えている領域となっており、投資家たちは、健康ケア業界における女性のニーズとテクノロジーの可能性を組み合わせたフェムテックの大きな市場潜在性を認識しています。また、多様性と包括性を重視する現代社会において、女性の健康に特化した製品やサービスへの投資は、社会的なインパクトをもたらすという観点からも評価されています。これにより、新たなフェムテック製品やサービスが次々と登場し、女性の健康管理が一段と進化しています。

これらの背景から、フェムテックはただのトレンドではなく、女性の健康ケアを根本から変える可能性を秘めた革新的な分野と言えるでしょう。女性の健康ニーズの高まり、テクノロジーの進化、フェムテック市場への投資の増加という三つの要素が組み合わさることで、フェムテックは注目されています。

女性特有のライフステージにおける健康課題【思春期~更年期】

女性特有のライフステージにおける健康課題【思春期~更年期】

思春期から更年期にかけての女性は、月経痛、PMS(月経前症候群)、妊娠・出産・育児といった体験を通じて、自身の身体と向き合う機会が多くあります。これらの体験は、男性が経験しない女性特有のものであり、これらに対する理解や支援が必要とされています。
思春期・成熟期においては、月経の開始や身体の変化、そしてそれに伴う心理的な変動を経験します。月経による肉体的な不快感やPMSの影響は、学業や就業、日常生活に支障をきたす可能性があります。また、これらの変化に対する知識や理解が不足していると、不安やストレスを感じることもあります。
妊娠・出産期においては、身体的、精神的に非常に大きな変化が起こります。特に妊娠中や出産後は、ホルモンバランスの変化による体調の変動や産後うつなど、様々な問題が発生する可能性があります。
更年期になると、閉経に伴うホルモンバランスの変化が体調や心情に影響を与えます。これらの変化は、ホットフラッシュ(ほてり)や不眠、うつ病などの症状を引き起こすことがあります。

これらの女性特有の健康課題は、個々の生活習慣や環境、遺伝的要素などによってその程度や影響は大きく異なります。これらの課題は多くの女性が共有する経験であり、それぞれの段階で適切なケアや支援が必要となります。しかし、女性特有の健康課題は、フェムテックを活用することで解決することが可能になってきています。
次の章ではフェムテックの6つの分野に触れながら、実際のフェムテックサービスについても見ていきましょう。

フェムテック6つの分野とフェムテックサービス

フェムテックは、女性のライフステージに沿った体の悩みや健康課題に応じて、6つの分野に分けられており、主に、「月経」「妊娠・不妊」「産後ケア」「更年期」「婦人科系疾患」「セクシャルウェルネス」 です。

月経

女性の生理周期の一部であり、一般的には毎月起こる自然な体の過程です。フェムテックは、この月経期間中の不快な症状を管理し、その期間をより快適に過ごすための製品やサービスを提供します。例えば、月経周期トラッキングアプリや、生理用品のサブスクリプションサービスなど、女性の月経周期に関連した製品やサービスが提供されています。これらは、月経周期を理解し、それに関連する身体の変化を管理するのに役立ちます。

妊娠・不妊

妊娠を望む女性や不妊に悩む女性を支援するためのテクノロジーを提供します。妊娠を希望する女性には、排卵日を特定するためのデジタル排卵トラッキングキットや、妊娠初期の体調管理を支援するアプリ、デジタル化された出産準備クラス等があります。また、不妊治療を受けている女性に対しては、治療の進行を追跡し、必要な情報を提供するツールも開発されていたり、IVF(体外受精)や他の不妊治療のプロセスをサポートするテクノロジーが開発されています。

産後ケア

出産後の肉体的、精神的な回復は、新しい母親にとって大きな課題となっており、産後の新たな母親を支援するための製品やサービスがあります。これには、産後の鬱病(産後うつ)に対するオンラインカウンセリングや、産後の体調管理や新生児のケアをサポートするアプリやデバイスがあります。

更年期

女性が体験するもう1つの大きなライフステージです。フェムテックは、更年期の症状を管理し、生活の質を向上させるための製品やサービスを提供します。例えば、ホットフラッシュ(ほてり)軽減するウェアラブルデバイスや、不眠などの症状を管理する製品、ホルモンバランスを整えるサプリメントなどがあります。

婦人科系疾患

婦人科系疾患に対するフェムテックのアプローチは、早期発見・予防・管理のための製品やサービスを提供します。これには、子宮頸がんなどの疾患を早期に発見する自宅検査キットや、内分泌異常や卵巣嚢胞などの疾患を管理するためのアプリが含まれます。また、婦人科系疾患の症状を軽減するための製品やサービスも提供されています。

セクシャルウェルネス

セクシャルウェルネスは、世界保健機関(WHO)が「セクシュアリティに対して身体的、感情的、精神的、社会的にも健康な状態であること」と定義していますが、この性の健康に関連する製品やサービスも増えています。性に関してはオープンにすべきではないと考えられることも多くありましたが、近年、性に関するトピックがよりオープンに議論される傾向が高まりつつあり、女性が自分自身の性の健康に対してより良く理解し、積極的に関与することが可能となってきています。タブー視されがちなこのテーマを解消していくものとして、女性の性的健康と満足度を向上させる性教育アプリや性感染症のテストキットなどが含まれます。

以上のように、フェムテックは、女性のライフサイクル全体を通じて、様々な健康課題に対応するための製品やサービスを提供します。これらのテクノロジーは、女性特有のニーズや課題に対する理解を深め、女性の健康とウェルネスを向上させることを目指しています。フェムテックの進歩により、女性の健康に対するアプローチは革新的なものになり、これまで語られることの少なかった女性特有の健康課題を解決する新たな道が開かれることでしょう。

フェムテックの活用をおすすめしたい女性

フェムテックの活用をおすすめしたい女性

フェムテックの活用をおすすめしたい女性は、自身の健康課題に直面しているすべての女性です。特に月経や妊娠、更年期といった女性特有のライフステージにある女性、婦人科系疾患に悩む女性には、フェムテックの製品やサービスは大いに役立つでしょう。また性教育やセクシャルウェルネスに関する情報を求めている女性、性暴力の被害者、LGBTQ+コミュニティのメンバーなど、社会的課題に直面している女性に対しては、フェムテックは大きな支援となるでしょう。フェムテックは、医療機関が提供する治療だけでなく、日常生活の中でのケアや予防、自己啓発といった面もサポートしています。たとえば、生理トラッカーアプリは、自身の月経周期を把握し、それに基づいた体調管理や生活リズムの調整を可能にしたり、排卵日予測アプリや妊活サポートアプリは、妊娠を希望するカップルにとって、自然妊娠を助ける有用なツールとなります。これらのアプリは、女性の体温や生理周期をトラッキングし、最適な妊娠可能日を予測します。このように、フェムテックは、自身の身体と心について深く理解し、自己決定を尊重することを可能にします。

但し、注意点として、フェムテックを活用する際は、それが信頼性のある情報を提供し、プライバシーを尊重するものであることを確認することが重要です。個人の健康情報は極めてデリケートなものであり、その安全性とプライバシーは最優先されるべきです。また、フェムテックはあくまで医療的なアドバイスや診断を補完するものであり、必要な場合は専門家による適切な医療ケアを受けることが重要です。
フェムテックの活用を通じて、女性自身が自身の健康と幸福を追求し、自分自身のケアに積極的に行動することが可能になるでしょう。

フェムテックの未来

フェムテックの未来

フェムテックの未来は非常に明るいものと見られています。女性の健康とウェルネスに対する意識の高まりや、テクノロジーの進歩により、ますますパーソナライズされたケアが可能になり、女性一人ひとりのニーズに合わせたソリューションや商品が提供されることでしょう。さらに、これまでタブーとされていた女性の健康問題についての議論が増えることで、新たなフェムテック製品やサービスの開発が促進される可能性があります。
フェムテックは、女性の健康とウェルネスを改善するだけでなく、女性のライフステージ全体を通じて彼女たちの生活の質を向上させるための重要なツールとなるでしょう。