将来職に困らない?!働く女性の資格習得メリットとおすすめ資格一覧

キャリア・仕事

時代は女性の活躍が求められる社会に移り変わりつつあります。しかし、女性が働く上での悩みは尽きません。特に、転職や再就職、キャリアアップを考えるときに必要なスキルが何か、という疑問は深いですよね。そこで本記事では、将来職に困らない、働く女性のための資格習得のメリットと、おすすめ一覧をご紹介します。まず、働く女性の資格習得のメリットについて解説し、自分自身に合う資格を選ぶポイントをご紹介します。また、就職・転職時に役立つスキルアップ系、趣味やプライベートにおすすめの資格、そして手に職をつけるための国家資格など、様々な観点で女性のキャリア形成に強い資格を一覧でご紹介します。これを読めば、あなたの働き方に合わせた最適な資格が見つかるはず!さあ、あなたのキャリアを飛躍させるための第一歩、ここから始めましょう!

働く女性の資格習得のメリット

資格は、女性のキャリアを支える重要なツールとなります。専門的な知識やスキルを身につけることで、自己成長を実現するだけでなく、就職や転職、キャリアアップの際にも大きなアドバンテージとなります。
資格を持つことには多くのメリットがありますが、①スキルアップに繋がる ②就職・転職時のアピールポイントになる ③キャリアアップの道具となることが挙げられます。特に専門性が求められる業界では、資格は昇進や昇給の判断材料となることが多いです。
自分のキャリアを自分自身でコントロールするためにも、資格は重要な要素となります。
特に女性の場合、ライフステージの変化に柔軟に対応できるスキルや資格を持つことは、自分自身のキャリアをデザインする上で大きな力となります。

自分に合う資格選びの4つのポイント

資格選びの際には、自分の興味や目指すキャリア、現在のライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。
ここでは、資格選びのポイントを4つ紹介します。

(1)自分が何に興味があるのか何を深く学びたいのかを明確にしましょう。興味がある分野であれば、学習するのも苦にならず、資格取得までの道のりを楽しみながら進むことができます。

(2)目指すキャリアに対して資格がどのように役立つのかを考えることです。例えば、自分が将来的にマネージャーやリーダーのポジションを目指しているのであれば、マネジメントやリーダーシップに関する資格を選ぶと良いでしょう。また、特定の分野で専門的な知識やスキルが求められるのであれば、その分野に関する資格を取得することを考えてみてください。

(3)現在のライフスタイルに合わせて資格取得のための学習方法や時間を考えることも大切です。オンラインで学習できる資格や、自宅で学習できる通信講座のある資格など、自分の生活スタイルに合わせた方法で学習できる資格を選びましょう。

(4)資格取得にかかる費用や時間も考慮することが重要です。資格取得には、受験料や教材費用だけでなく、学習にかける時間も必要です。自分の経済状況や時間的な余裕を考え、無理なく続けられる資格を選ぶことが大切です。

以上4つが資格選びのポイントです。

就職・転職時にも役立つおすすめのスキルアップ資格一覧7選!

就職・転職時にも役立つおすすめのスキルアップ資格一覧7選!

現在人気の女性向け就職・転職時にも役立つおすすめのスキルアップ資格について詳しく見ていきましょう。これらの資格は、職場でのスキルアップはもちろん、プライベートでも役立つものばかりです。

  1. 簿記資格:会計の基本知識を身につけるための資格です。ビジネスシーンでの会話の理解度を高め、自分の経済的な判断力を養うことができます。また、独立や起業を考えている方にもおすすめです。ビジネスシーンで活用できる基本的な知識が身につくため、仕事の幅を広げられます。また、家計管理にも役立ちます。
  2. 宅地建物取引士:不動産業界での仕事を希望する方におすすめの資格で、これにより、転職時に不動産業界への道が広がります。不動産業界での取引を行う際の知識や法律を学ぶことができます。また、自身の資産運用や、自身の住宅購入時にも役立つ資格です。
  3. 秘書技能検定:ビジネスマナーや秘書業務に必要な知識を身につけることができます。オフィスワークを中心に幅広い職種で活用できる資格で、転職時にも強みになります。職場でのコミュニケーション能力や事務処理能力を評価する資格でもあり、秘書としてだけでなく、様々なビジネスシーンで活用できます。
  4. 美容師の資格:美容師の仕事を目指す方におすすめの資格です。美容師になるためには国家資格である「美容師免許」の取得が必須となります。免許の取得には年齢制限はなく、何歳でも免許の取得は可能です。認可を受けた美容専門学校に昼間2年間または通信の場合は3年以上を修了することで、国家試験の受験資格を得られます。免許を取得し、経験を積むことで将来自分のサロンを開くという夢を追求するためのステップにもなります。
  5. 英語の資格(TOEIC、英検など):グローバル化が進む現代社会では、英語力は必須スキルと言っても過言ではありません。英語の資格を取得することで、海外とのビジネスや留学など、世界が広がります。TOEICのスコアは、企業の採用時や昇進の際の基準となることも多いので、取得しておくと就職・転職活動で有利になります。
  6. ネイリスト、アロマテラピスト、エステティシャンなどの美容関連資格:美容と健康に関する専門知識が身につき、自身のケアはもちろん、サロンで働くためのスキルも身につけることができます。これらの資格は、趣味として楽しむだけでなく、仕事や副業として活用することもでき、プロとして活動するための第一歩となります。
  7. WEBデザイナーやグラフィックデザイナー、プログラミングなどのIT関連資格:ITスキルが必須となっている今後の社会ではさらに需要が見込まれます。IT系の国家試験では、ITパスポートと基本情報技術者が有名で、ITの幅広い知識を得られ、就職・転職活動時のアピール材料にもなります。

これらの資格を持つことで就職や転職の際に優位に立つことができ、自分のキャリアをより良い方向に進めることができます。各資格の詳細や取得方法については、それぞれの資格団体の公式ウェブサイトから確認してみましょう。
資格取得は、自分自身のスキルを証明するための一つの手段です。自分の興味や目指すキャリアに合わせて、最適な資格を見つけてみてください。そして、その資格取得を通じて、自分自身の可能性を広げる一歩を踏み出しましょう!

趣味・プライベートにもおすすめ!独立にも有利な人気の資格一覧10選

次に、自身のライフスタイルを豊かにするために役立つ、趣味・プライベートでも活用できるおすすめの資格をご紹介します。

  1. 語学資格:英語や中文、スペイン語など、外国語のスキルを証明する資格は、海外旅行や留学、国際的なビジネスシーンで役立ちます。TOEICやTOEFL、HSK(中国語)など、自分が学びたい言語に応じて資格を選びましょう。語学スキルはビジネスシーンだけでなく、プライベートで旅行する際にも大いに役立ちます。
  2. 料理・製菓資格:自宅での料理やパーティー、ホームパーティーに役立つだけでなく、将来的に料理教室を開くなど、自分のビジネスを始めるきっかけにもなります。
  3. インテリアコーディネーター資格:女性ならではの視点で、空間を美しく快適に整える、インテリアコーディネータ資格。自分自身の生活だけでなく、仕事でも活きます。専門学校や通信講座で学ぶことができます。
  4. コーヒー・ソムリエ資格:コーヒーの深い知識と、美味しいコーヒーを淹れる技術が身につきます。将来カフェを開く夢を持つ人には特におすすめです。
  5. 心理カウンセラー資格:コミュニケーション能力を活かせる資格。女性の持つ共感力や思いやりを活かすことができ、人々の心のケアを支援する仕事です。オンラインでの学習も可能で、自分のペースで学べます。
  6. ネイルサロン技能検定資格:ネイルに興味があり美意識が高い女性におすすめ。美容業界で活躍するための一歩となり、自分自身でビジネスを立ち上げることも可能です。学習は専門学校や通信講座など、様々な方法があります。
  7. 保育士資格:子どもたちの成長を支えるやりがいのある仕事で、社会的なニーズも高まっています。また子育て経験のある方が目指す資格としてもおすすめです。子育て経験をそのまま活かし、保護者の立場に立ったサポートもできるでしょう。専門学校や短大、大学での学習が必要ですが、一部の資格は通信教育でも取得可能です。
  8. ヨガインストラクター資格:健康志向が高まる現代社会で、ヨガの需要は増加傾向にあります。自身の健康管理にも役立つヨガインストラクターの資格は、自分自身のスタジオを持つことも可能です。資格取得のためのスクールも多数存在し、オンラインでの学習も可能です。
  9. ダイエットアドバイザーやパーソナルトレーナーなどの健康関連資格:近年注目されており、ダイエットアドバイザーは、人々の健康的な体型維持や体重管理に対する助言を提供します。一方、パーソナルトレーナーは、クライアント一人ひとりに対して、個別のエクササイズプログラムを作成し、指導します。これらの資格は、自分自身の健康管理にも役立つだけでなく、独立開業やフリーランスとして活動する道も広がります。
  10. ブライダルコーディネーター:結婚式を企画・運営するブライダルコーディネーターは、豊かな感性とコミュニケーション能力が求められる仕事です。ブライダル関連のビジネスに興味がある方におすすめです。専門学校や通信教育で資格を取得できます。

    これらの資格取得は自己満足だけでなく人生を豊かにするためのツールとなります。自分のライフスタイルに合わせて、興味があるもの、やってみたい資格を選んでみてください。

手に職をつける!女性のキャリア形成に強い国家資格一覧8選

国家資格はその信頼性と権威から、女性のキャリア形成に強力なバックアップとなります。女性が取得することで特に活かしやすい国家資格としては、以下のようなものがあります。

  1. ファイナンシャル・プランニング技能士:家計の管理から資産運用まで、幅広い金融知識が身につく資格です。自身のライフプラン作りはもちろん、将来的にはFPとしてのキャリアも考えられます。ファイナンシャル・プランニング技能検定は1級、2級、3級の等級があり、独学で学習する場合、2級は150〜300時間、3級は80〜150時間が必要と言われています。1日1時間、毎日独学で学習する場合、2級は約5か月~10か月程度、3級は約2か月半~5か月程度が目安といえるでしょう。
  2. 社会保険労務士:労働法や社会保険などに関する専門知識を持つ資格で、中小企業の人事労務部門や独立開業に役立ちます。必要な学習時間は約300〜600時間とされています。
  3. 税理士:税金に関する専門知識を身につけることができます。税法の知識は個人の資産管理から企業の経営まで幅広く活用でき、独立開業も可能です。税理士試験は難易度が高いと言われており、必要な学習時間は約600〜1200時間とされています。
  4. 社会福祉士:老人ホームや福祉施設などでの就職が可能で、社会貢献度の高い仕事を求める方には最適な資格といえるでしょう。社会福祉士の試験には専門学校などの学校教育を受けた後に挑むことが一般的で、必要な学習時間は約2年間となります。
  5. 公認会計士:ビジネスの世界で高い評価を得ている資格の一つです。会計や財務に関する専門的な知識を習得できるため、企業の経営陣や投資家から信頼されやすく、多様なキャリアパスを歩むことが可能です。公認会計士試験は非常に難易度が高いと言われており、必要な学習時間は約2,000〜3,000時間とされています。
  6. 管理栄養士:管理栄養士は、食事に関するアドバイスを提供する資格であり、健康増進や疾病の予防に役立つとされています。また、就職先や活躍の場も多く、専門性の高い知識を身につけることができます。健康的な食生活を送るための知識が身につき、家庭での食事作りはもちろん、学校や病院、企業の食事提供に関わる仕事も視野に入れられます。学習時間は専門学校などで約2年間の学習が一般的です。
  7. 調理師:料理の技術や食材の知識を身につけることができる資格です。レストランやホテル、病院、学校などで働くことが可能で、料理が好きな方には特におすすめです。また、調理師資格を活かして開業することも可能です。調理師の試験には、専門学校や短大などの学校教育を受けた後に挑むことが一般的で、必要な学習時間は約2年間となります。
  8. 看護師:医療現場で欠かせない看護師。病院や診療所はもちろん、介護施設や学校、企業の保健室など幅広い分野での活躍が期待できます。また、専門的な医療知識を身につけることで、自身や家族の健康管理にも役立つ資格です。看護師になるためには、専門学校や大学で看護学を学び、国家試験に合格する必要があります。学習期間は約3〜4年間となります。

    これらの資格は、取得には一定の時間と労力が必要ですが、それぞれの分野で高度な専門性を身につけることができる点で価値があります。自分の興味やキャリア目標に合わせて、最適な資格を選んでみてはいかがでしょうか。

働く女性に向けた資格の取得方法

働く女性に向けた資格の取得方法

それぞれの資格の取得方法は異なりますが、多くの場合、専門学校での学習や自宅での通信教育、資格取得のための専門書を読み込むなど、自己学習がメインとなります。国家試験のなかでも、働きながら独学で学び、取得を目指せる資格と、栄養士のように日中の時間帯は栄養士養成施設に通わなければならず、通信講座で独学では取得できないものもあります。時間が限られる働く女性にとって、新たな資格を取得することは大きなハードルとなります。
しかし、資格を取ることは自分のスキルを証明することにつながり、キャリアを広げる手段となります。自己学習で取得できる資格も多数あるため、通信講座・オンライン学習などを通して学ぶことも可能です。
以下、学習方法として主要な3つについてご紹介します。

1. 国家試験:管理栄養士、社会保険労務士、税理士、社会福祉士、公認会計士の資格は、国家試験を受験し合格することで取得できます。国家試験の対策は各種予備校や通信講座で学ぶことが一般的ですが、自己学習で挑戦することも可能です。受験は年に一度のみ開催される場合が多く、試験範囲も広範であるため、早い段階からの準備が必要となります。厚生労働省の公式サイトより、各試験のスケジュールを確認しましょう。

2. 専門学校:専門学校では、資格取得を目指す人向けに専門的な知識を教えています。例えば、美容師、調理師、介護福祉士などの実技系資格は実習が必須であり、専門学校での学習が推奨されます。専門学校では、実際の試験に近い形式での模擬試験を行ったり、資格取得に必要なスキルを身につける練習をすることも可能です。しかし、仕事と並行して学ぶのは大変なため、通信制の専門学校や夜間部を設けている学校を選ぶと良いでしょう。

3. 自己学習:時間や場所を問わず自分のペースで学習できるので、仕事や家庭との両立もしやすい方法です。教材を使用したり、オンラインの講座を受けたりしながら、自分の都合に合わせて学習時間を設けることができます。ただし、自己学習では効率的な学習法や学習計画の立て方が重要となります。資格取得のための参考書や教材、オンライン学習サイトを活用しつつ、自己の弱点を把握し、それを克服するための努力が必要です。

まとめ

資格取得は労力や費用面がかかりますが、その労力は確実に自己成長となり、キャリアアップに繋がります。
またキャリアップに繋がると、お金も稼げるようになり自身の可能性を広げることができます。
ぜひ自分に合った資格を見つけ、挑戦してみてください。

関連記事一覧